元気、ニッポン!

エキサイティングな「Baseball5」を体験しよう

ベースボール5に歓喜

2019年11月12日

#Baseball5

野球・ソフトボールを基にした新スポーツのイベント「ベースボールファイブ(B5)in郡山」(読売新聞社など主催)が10月26日から2日間、福島県郡山市の商業施設「イオン郡山フェスタ」で行われ、参加した子供たちは歓声を上げて楽しんだ。

B5は、5人1チームで軟らかいゴムボールを手で打ち、5イニングで得点を競う。他に用具は不要で、子供でも気軽にプレーできるため、世界野球ソフトボール連盟が普及を進めている。市立大島小6年の佐藤翔君(12)は「学校でもやってみたい」と息を弾ませていた。

ベースボール5のルールを説明する全日本軟式野球連盟のコーチ

イベントは、読売新聞が2020年とその先へ向けて展開する「元気、ニッポン!」プロジェクトの一環で、県が主催する東京五輪・パラリンピックの体験イベントと同時開催された。

トークショー後に飛び入り参加した石川雅規投手(左)(27日)

全日本野球協会の山中正竹会長(中央左)、石川雅規投手(中央右)と参加者(27日)

関連記事

  • 次世代育成

Baseball5 in 港区

2020年08月27日

  • 次世代育成
  • 次世代育成