元気、ニッポン!

手打ちで手軽に ベースボールファイブ

2019年07月26日

#Baseball5

#カウントダウンイベント

野球・ソフトボールのストリート競技「Baseball5(ベースボールファイブ・B5)」の本格的な体験会「ENEOS みんなでチャレンジ Baseball5」が13日、横浜スタジアム(同市中区)で開かれた。

主  催/読売新聞社、全日本野球協会、全日本軟式野球連盟
共  催/横浜市市民局、横浜市体育協会
後  援/世界野球ソフトボール連盟、キューバ大使館
特別協力/ENEOS(JXTGエネルギー)
協  力/東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

B5は世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が普及を目指す新スポーツ。5人1チーム、5イニングで行う。軟らかいゴムボールだけを使ってプレーする「手打ち野球」だ。体験会は、読売新聞が2020年とその先へ向けて展開する「元気、ニッポン!」プロジェクトの一環として開かれた。

ボールを打つ参加者

この日は、神奈川県などの小学4~6年生約350人が参加。横浜市港南区、小学6年益田久慈君(11)は「ゴムボールを素手で打ったり捕ったりするのが難しかったけれど楽しかった。学校で広めてみんなで遊びたい」と喜んでいた。

当日の様子

参加者みんなで準備運動
Baseball5のルール説明をする六角彩子選手
試合前のあいさつ
指導をする中畑清さん
1点を取り、ハイタッチをする丸山桂里奈さん
体験会を盛り上げたホリプロBaseball5チームのトークショー

DJアリーさんからインタビューを受ける参加者
午前に実施されたスタジアムツアー。
テラス席より見渡す横浜スタジアム。
テラス席からの眺め
参加者(午前)で記念撮影

関連記事