元気、ニッポン!

パラリンピック 音色の激励…読響コンサートに1000人【動画あり】

2018年03月28日

#パラリンピック

東京パラリンピックの目標などを語るゲストの選手たち(27日、東京都豊島区で)
東京パラリンピックの目標などを語るゲストの選手たち(27日、東京都豊島区で)

読売新聞社と読売日本交響楽団は27日、「読響 東京2020パラリンピック応援コンサート」を、東京都豊島区の東京芸術劇場コンサートホールで開き、約1000人がオーケストラの華麗な音色に聴き入った。

スポーツなどを通じて日本を元気にするため、読売新聞が2020年とその先へ向けて展開する「元気、ニッポン!」プロジェクトの一環。来場者はエルガーの「威風堂々」や札幌五輪のテーマ曲「虹と雪のバラード」などを楽しんだ。会場には、リオデジャネイロ・パラリンピックに出場した車いすラグビーの池崎大輔選手(40)らがゲストで参加。池崎選手は東京大会に向け、「1番を目指して頑張っていきたい」と話した。

動画を視聴するにはiframeタグに対応したブラウザをご利用ください

関連記事

  • 共生社会
  • 地方創生
  • 次世代育成